RPA導入成功のポイント


小さく早く成功を積み重ねて行くことが、RPA導入成功への近道

1.まずは「できるところ」からRPA化(ロボット作成)していく

いきなり1ロボットで何時間も自動化しようとせず、まずは小さな業務(手順の少ない業務)からスタートします。

 

なぜなら最初はRPAツールの使い方もよくわからないはずなので、最初から手順の多いロボットに手を付けると

 

「上手く動かない → 上手く動かない事で動作イメージがわからない → どこをどう修正していいかわからない 

 

→ロボットが最後まで通して動かないので嫌になりやめてしまう」

 

となるからです。

 

まずは小さな業務(手順の少ない業務)を対象に、RPAツールの操作や機能の使い方を覚えつつ、作成手順と作成したロボットの動作を確認しながら進めるとスムーズにRPA導入を進めることができます。

RPA 導入 成功 ポイント

例えば

  • システムにログインする
  • アプリケーションソフトを起動し、目的のメニューまで移動する
  • データをダウンロードする
  • 表示されている画面項目にデータを入力する
  • 表示されている画面項目のデータをコピーする
  • 表示されている画面のボタンを押す

などのロボットを一つ一つを単体で作成してみることです。

 

そして動作を確認、効果を実感しながらRPAの動作範囲(業務範囲)を広げていくと、成功に近づきます。

2.視点を業務ではなく「動作・操作」に着目する

RPA 導入 成功 ポイント

「経理業務を自動化する」

 

「受注業務を自動化する」

 

ではなく、

 

業務で必要な「動作・操作」に着目し、一つ一つを自動化していくとRPA導入は上手くいきます。

 

<動作・操作の例>

  • データをコピペする
  • システムにログインする
  • アプリケーションソフト、システムの目的のメニューに移動する
  • ファイルのコピー・移動・削除をする
  • データのダウンロード・アップロードをする

「動作・操作」に着目して自動化していく事で業務の自動化がスムーズに実現できます。

3.最初は知ってる人に教えてもらう

RPA 導入 成功 ポイント アフターフォロー

RPAに限ったことではありませんが、最初はやはり知ってる人に教えてもらうのが一番です。

 

自身で「考えて」「調べる」のも大切ですが、0から1にするには大変な労力と時間がかかります。

 

知らない機能や操作一つを調べるだけでも時間がかかります。

 

1.2を踏まえながらまず最初は知ってる人に教えてもらうのが一番でしょう。